前へ
次へ

肌に負担をかけないよう体は泡で洗おう

昔はナイロンタオルで体を洗う人も多く、中には硬めのナイロンタオルでないと洗った気がしない、などという人もいました。
しかしこの洗い方は肌に傷が付きますし、必要な脂分を落としすぎてしまいます。
結果的に肌の老化を早めることにもつながるので、ナイロンタオルを使うならなるべく柔らかめのもので優しく洗うよう心がけましょう。
もっといいのはボディソープを泡立てて手で洗うことです。
ボディソープを手で泡立てるのはたいへんですし、泡も立ちにくいので、泡立てネットを使うのがおすすめです。
ぬるま湯とソープで十分に泡を作ったら、手の先から泡を乗せるように洗っていきます。
ゴシゴシこすらなくても汚れが浮いてくるので、余計な力も入りません。
泡立てネットを使えばボディソープワンプッシュでも十分に泡ができるので、ソープの節約になるでしょう。
それだけでなく、余分なソープを使わないので肌に優しく、環境にもいいバスタイムになります。

Page Top